1. ホーム
  2. マニュアル
  3. VPS
  4. アプリイメージの利用
  5. Zulipアプリイメージを利用する

Zulipアプリイメージを利用する

Zulipアプリイメージインストール手順

本アプリイメージを利用する前に

SMTPが利用できるメールサーバーと独自ドメインを事前にご準備ください。
※メールサーバーはGmailやYahooなどご利用いただけます。

1.「追加申し込み」をクリック

Xserverアカウントへログインし、「追加申し込み」をクリックしてください。

追加申し込み

2.Zulipをインストール

「イメージタイプ」における「アプリケーション」タブより「Zulip」をクリックしてください。

Zulipをインストール

お申し込み・お支払いを完了することでサーバーへ自動でインストールされます。

セットアップ準備

パケットフィルターの設定

VPSパネルの「パケットフィルター設定」から、「OFFにする」にチェックを入れ、「変更する」ボタンをクリックします。

パケットフィルターの設定は下記マニュアルからご確認ください。
パケットフィルターの設定について

Zulip初回構築

1.サーバーに接続する

VPS管理画面のコンソールからも接続可能ですが、コピー&ペーストが可能なSSHクライアントソフトの使用をおすすめします。本マニュアルではTera Termを使用します。

Tera Termを起動し、VPSのIPアドレスを入力してください。

IPアドレスを入力

2.ユーザー名、パスフレーズを入力

「ユーザー名(N)」に「root」、「パスフレーズ(P)」にアプリイメージのインストール時に設定したパスフレーズを入力してください。

認証情報を入力

3.Zulipをインストール

下記いずれかのZulip構築コマンドを実行してください。

Let's EncryptでSSL/TLSを設定する場合

/opt/zulip-server-*/scripts/setup/install --certbot --email=管理者用のメールアドレス --hostname=事前にご用意いただいたFQDN

自己証明書でSSL/TLSを設定する場合

/opt/zulip-server-*/scripts/setup/install --self-signed-cert --email=管理者用のメールアドレス --hostname=事前にご用意いただいたFQDN

コマンドを実行するとメッセージが流れます。
途中でLet's Encryptの利用規約が表示されますので、「Y」キーを入力し、同意してください。
※自己証明書でSSL/TLSを設定する場合は表示されません。

メールアドレスを入力

インストールが完了したら、初回セットアップ用URLが表示されるので控えてください。

メール受け取り確認

4.SMTP設定

Zulipはメール通知をするためにSMTPサーバーの設定が必要なため、設定ファイルを編集します。

以下コマンドを実行します。

nano /etc/zulip/settings.py

以下項目を指定の値に設定します。
※行頭の#は削除してください。
※EMAIL_HOSTとEMAIL_HOST_USERは""で囲ってください。

EMAIL_HOST = "SMTPサーバーのホスト名"
EMAIL_HOST_USER = "SMTPユーザー名(メールアドレス)"
EMAIL_USE_TLS = True
EMAIL_PORT = SMTPポート番号

以下コマンドを実行します。

nano /etc/zulip/zulip-secrets.conf

一番下に以下を追記します。

email_password = SMTPユーザーのパスワード

GoogleのSMTPサーバーを利用する場合

GmailのSMTPサーバーを利用する場合はプリンタ、スキャナ、アプリからのメール送信からSMTPサーバーの情報を確認できます。

Googleアカウントの2段階認証の設定と「アプリパスワード」を設定する必要があります。
2段階認証の設定は2段階認証プロセスを有効にするから確認できます。
アプリパスワードの設定方法はアプリ パスワードでログインするから確認できます。
設定したアプリパスワードを「email_password」に入力してください。

以下コマンドを実行し、Zulipを再起動して、設定を反映します。

sudo -u zulip /home/zulip/deployments/current/scripts/restart-server

初回セットアップ

1.新しいZulip組織を作成

3.Zulipをインストール」で控えた初回セットアップ用URLをブラウザで開きます。
「新しいZulip組織を作成」より、各設定を入力し、組織の作成をクリックします。

URLを紛失したり、無効となった場合は以下コマンドを実行し、再度URLを発行してください。

su zulip -c '/home/zulip/deployments/current/manage.py generate_realm_creation_link'

Zulipにログイン

項目 説明
組織名 任意の組織名を設定
組織のタイプ 任意の組織タイプを設定
Organization language 任意の言語を設定
Your email 管理者用メールアドレスを設定

2.登録

「姓名」に管理者アカウント名、「パスワード」に設定したいパスワードを入力し、「登録」をクリックします。

ログイン完了

3.セットアップ完了

以下画面が表示されたら、初回セットアップが完了です。

ログイン完了

ユーザーを招待

ユーザーの招待は招待リンクを作成する方法と招待メールを送付する方法があります。

1.招待リンクを作成

右側「ユーザーを招待」をクリックします。

ログイン完了

2.ユーザーを招待

「招待リンクを作成」を選択し、招待リンクを作成をクリックして下さい。

※Invitation expires afterでリンクの有効期限、Users join asでユーザー権限を任意で設定します。

ログイン完了

3.ユーザーに連携

上部にリンクが作成されますので、招待したいユーザーに連携します。

ログイン完了

4.登録

ユーザー側で招待リンクをブラウザで開き、メールアドレスを入力後、登録をクリックします。

ログイン完了

5.メール送信

以下画面が表示され、入力したメールアドレス宛にメールが送付されます。

ログイン完了

5.招待メール確認

招待メールが送付されているので、「登録を完了」をクリックします。

ログイン完了

6.登録完了

「姓名」にアカウント名、「パスワード」に設定したいパスワードを入力し、「登録」をクリックします。

ログイン完了

以上でユーザーの招待は完了です。

招待メールを送付

1.「ユーザーを招待」をクリック

右側「ユーザーを招待」をクリックします。

ログイン完了

2.「招待」をクリック

「Send an email」を選択し、メールアドレスの欄に招待したいユーザーのメールアドレスを入力し、「招待」をクリックします。

※Invitation expires afterでリンクの有効期限、Users join asでユーザー権限を任意で設定します。

認証情報を入力

3.「登録を完了」をクリック

入力したメールアドレス宛に招待メールが送付されているので「登録を完了」をクリックします。

認証情報を入力

4.登録完了

「姓名」にアカウント名、「パスワード」に設定したいパスワードを入力し、「登録」をクリックします。

認証情報を入力

以上でユーザーの招待は完了です。