1. ホーム
  2. マニュアル
  3. VPS
  4. アプリイメージの利用
  5. Rustアプリイメージを利用する

Rustアプリイメージを利用する

Rustアプリイメージインストール手順

※本アプリイメージはSteam版のみ対応しています。

2GBプランでのご利用について

本アプリケーションは2GBプランでご利用いただけません。
快適にゲームをプレイしていただくには8GBプラン以上を選択の上、申込みをしてください。

Xserver VPSをご利用中の方

利用中のサーバーにRustをインストールしたい場合、「OSの再インストール」をご参照の上、インストールを行ってください。

1.「追加申し込み」をクリック

Xserverアカウントへログインし、「追加申し込み」をクリックしてください。

追加申し込み

2.Rustをインストール

「イメージタイプ」における「アプリケーション」タブより「Rust」をクリックしてください。

Rustをインストール<

お申し込み・お支払いを完了することでサーバーへ自動でインストールされます。

セットアップ準備

パケットフィルターの設定

VPSパネルの「パケットフィルター設定」から、「OFFにする」にチェックを入れ、「変更する」ボタンをクリックします。

パケットフィルターの設定は下記マニュアルからご確認ください。
パケットフィルターの設定について

Rustセットアップ手順

1.rootユーザーにてログイン

Rustのセットアップをするために「IPアドレス」が必要になるため、VPSパネルの「コンソール」また、VPSのSSHでrootユーザーにてログインしてください。

ログイン

IPアドレスの確認

ログインできない場合

VPSが起動していないと確認することができません。
VPSパネルへログインし、画面右上にある「電源操作」より「起動」を実行してください。

「起動」をクリックするスクリーンショット

2.「サーバー」をクリック

Steamを起動して、上部の「表示」メニューより「サーバー」をクリックしてください。

メニューバーより「サーバー」をクリック

3.「サーバーを追加」ボタンをクリック

「お気に入り」タブを開き、「サーバーを追加」ボタンをクリックしてください。

「サーバーを追加」ボタンをクリック

4.サーバー情報を入力

「(事前に控えたIPアドレス):29015」を入力し、「このアドレスをお気に入りに追加」ボタンをクリックしてください。

サーバー情報を入力

5.設定完了

「ゲーム」の列に「Rust」が表示されたら設定完了です。

設定完了

「<応答がありません>」と表示される場合

入力したIPアドレスが間違っているかサーバー側が準備中となっている可能性があります。
IPアドレスが正しいか確認し、少し時間をおいて「更新」もしくは「サーバー追加」をお試しください。

応答がありません

6.Rustを起動

SteamからRustを起動し、「PLAY GAME」クリックしてください。

Rustを起動

7.サーバーに接続

「Favourited」クリックし、先ほど追加したサーバーをクリックしてください。

サーバーに接続

ゲームの各種設定

Rustサーバーの運用にあたり、設定変更の一例を紹介します。

ゲームの設定方法はサポートの対象外の内容となるので、詳細は公式サイトやWikiを確認してください。

マップデータのワイプ(リセット)手順

1.コンソール、またはVPSのSSHにログイン

VPSパネルの「コンソール」、またはVPSのSSHにログインして確認してください。

2.Rustサーバーを停止

下記コマンドを実行してください。

systemctl stop rust-server.service

3.マップデータを削除

下記コマンドを実行してください。

rm -f /home/steam/rust_server/server/RustServer/{*.map,*.sav,*.sav.*}

マップサイズ・シード値変更、およびマップタイプを変更する場合

本手順は手順4まで進まず、手順3で完了してください。
以降は以下手順を参考に進めてください。

4.Rustサーバーを起動

下記コマンドを実行してください。

systemctl start rust-server.service

リセット完了です。

ブループリントのワイプ(リセット)手順

1.コンソール、またはVPSのSSHにログイン

VPSパネルの「コンソール」、またはVPSのSSHにログインして確認してください。

2.Rustサーバーを停止

下記コマンドを実行してください。

systemctl stop rust-server.service

3.ブループリントのデータを削除

下記コマンドを実行してください。

rm -f /home/steam/rust_server/server/RustServer/*.db

4.Rustサーバーを起動

下記コマンドを実行してください。

systemctl start rust-server.service

リセット完了です。

マップのサイズ・シード値変更手順

マップデータのワイプ(リセット)手順3まで事前に行ってください

マップデータのワイプ(リセット)手順の3まで完了した状態でのみ変更することができます。
リセット手順は「マップデータのワイプ(リセット)手順」をご参照ください。

1.Rustサーバーの設定ファイルを編集

下記コマンドを実行してください。

nano /etc/systemd/system/rust-server.service

2.シード値を変更

12行目:「ExecStart=/home/steam(省略)」から始まる行にある「+server.seed 19686」の19686の部分を使用したいシード値に変更してください。

シード値を変更

3.マップサイズを変更

12行目:「ExecStart=/home/steam(省略)」から始まる行にある「+server.worldsize 3000」の3000の部分を使用したいマップサイズに変更してください。

マップサイズを変更

変更後のファイル保存は「ctrl」と「x」を同時に入力してください。
「変更されたバッファを保存しますか?」と表示されるので、「y」を入力してください。
「書き込むファイル」にてファイルの指定に問題がなければ「enter」を入力し保存完了です。

4.Rustサーバーを起動

下記コマンドを1行ずつ実行してください。

systemctl daemon-reload
systemctl start rust-server.service

変更完了です。

マップタイプの変更手順

マップデータのワイプ(リセット)を行う必要があります

マップデータのワイプ(リセット)を行った状態でのみ変更することができます。
リセット手順は「マップデータのワイプ(リセット)手順」をご参照ください。

1.Rustサーバーの設定ファイルを編集

下記コマンドを実行してください。

nano /etc/systemd/system/rust-server.service

2.マップタイプ値を追加

12行目:「ExecStart=/home/steam(省略)」から始まる行の末尾に「+server.level “[マップタイプ名]”」を追記してください。
利用できるマップタイプ名は以下の通りです。

マップタイプ名 Procedural Map
Barren
CraggyIsland
HapisIsland
SavasIsland
SavasIsland_koth

マップタイプ値を追加

編集後のファイル保存は「ctrl」と「x」を同時に入力してください。
「変更されたバッファを保存しますか?」と表示されるので、「y」を入力してください。
「書き込むファイル」にてファイルの指定に問題がなければ「enter」を入力し保存完了です。

3.Rustサーバーを起動

下記コマンドを1行ずつ実行してください。

systemctl daemon-reload
systemctl start rust-server.service

変更完了です。

PvP/PvEの設定手順

Xserver VPSのRustアプリイメージは、デフォルトでプレイヤー間の戦闘が有効(PvP)になっています。
参加プレイヤー間の戦闘を無効(PvE)にしたい場合は下記手順を参考に変更してください。

1.Rustサーバーの設定ファイルを編集

下記コマンドを実行してください。

nano /etc/systemd/system/rust-server.service

2.PvEを有効化

12行目:「ExecStart=/home/steam(省略)」から始まる行の末尾に「+server.pve true」を追記してください。

PvEを有効化

編集後のファイル保存は「ctrl」と「x」を同時に入力してください。
「変更されたバッファを保存しますか?」と表示されるので、「y」を入力してください。
「書き込むファイル」にてファイルの指定に問題がなければ「enter」を入力し保存完了です。

3.Rustサーバーを起動

下記コマンドを1行ずつ実行してください。

systemctl daemon-reload
systemctl start rust-server.service

変更完了です。